SEの資質は適性検査・適性試験について

SEの資質は適性検査・適性試験について

SE(システムエンジニア)は、幅広い知識と能力が求められます。その中で、SEの資質で最も重要とされるものは、まずコミニュケーション能力です。お客様やユーザーのニーズに応えるのにコミニュケーション能力がなければ、お客様やユーザーが求めるものを満たすことはできません。

 

また、プログラマやスタッフに対して意思疎通がはかれなければ、もちろん思い通りのシステムは構築できないでしょう。SEは、システム開発のトータルコーディネーターですから、お客様やユーザーの依頼を受けるところから、開発、納品、その後の管理までを統括しなければなりません。まずは、お客様から受注をするわけですが、ここからコミニュケーション能力が重要になっていくのです。

 

受注に対して、よりよいサービス向上のための提案、決められた予算の中での納期やサービス内容の提案など、コミニューケーション能力の是非がSEの資質を左右するのです。高いコミニュケーション能力とは、幅広い知識と経験をもって柔軟に物事を思考する力です。それによって、お客様やユーザーの求めるものと、プログラマやスタッフの能力をバランスよくマッチさせていくことで、世の中から求められるSE、優秀なSEとなっていくでしょう。

 

SEの資質の客観的判断材料として、入社時にSEとしての適性検査や適性試験を実施する企業も少なくありません。また、自分でSEの資質があるかの適性検査、適性試験ができるサイトもあるようです。

 

⇒SE求人募集サイト最新ランキングこちら!!