SEとシステムインテグレーターの違い

SEとシステムインテグレーターの違い(就職で人気の求人募集情報)

SE(システムエンジニア)とSI(システムインテグレーション)はよく似たキーワードになりますが、SEとSIの違いは大きなものになります。いわゆるSI企業というのはさまざまなシステムを提供し、トータルにサポートをするようなイメージになります。顧客の希望や目的、状況に合わせた情報システムを企画したり、また実際に構築し運用することが基本になります。もちろんSI企業にもSEが所属している事になります。

 

SE求人は自社で企画されたシステムを構築したり管理をする社内SEと、元請けから発注された案件を納品する下請け会社で働くSEの二つに大きく分けることが可能です。この他にはフリーランスとして働くSEも多いですが、転職を考える場合にはやはり下積みが大切になりますから、横のつながりがまったく無い状態でフリーとして働くのは少し難しいです。IT業界では知識や経験はもちろん、新しい事にチャレンジをする力というものも求められています。今まで下請けSEとして働いていたという方は知識を生かし、企画提案などにチャレンジをしてみることでSIとしての転職も可能になるのではないでしょうか。

 

特にSI企業に所属する社内SEの求人は再就職を考える方にとても人気です。ただプログラミングをする毎日に疲れてしまったという方が企画や管理という新しいステップに踏み出す場合も多いですよ。もちろんコツコツと作業をするのが好きだという方ですとSI企業ではなく、アプリの開発をする事業所なども人気があります。まずはどのような求人が募集されているのか、今の職場の環境と照らし合わせてみてみることをおすすめします。

 

⇒SE求人募集サイト最新ランキングこちら!!