SEのキャリアアップ・キャリアプラン

SEのキャリアアップ・キャリアプラン

SE(システムエンジニア)は、幅広い知識と能力を生かし、システム開発におけるトータルコーディネーターとなる職種です。ですからSEのキャリアは、個人によって多種多様の積み重ね方をしていきます。一方で、「SE35歳定年説」とささやかれるように、だいたい35歳くらいを境に、新たなキャリアプランを形成していくことがあります。

 

SEとしてのキャリアプランを形成していく上で、最も大事なのは、SEとして自分が将来どうしたいのか、どんなSEを目指していくのかということに尽きると思います。キャリアプラン、すなわち計画のことですから、計画を立てるためには明確な目標がなくては、計画そのものが立てられません。現状の自分の知識、能力、スキルを把握した上で、何が足りていて何が不足しているのかを把握する必要があります。これらは、SEを目指そうとしたその瞬間、企業の選定時、面接時、入社後すべてにおいてキャリアプランを形成するのに必要です。

 

その時期ごとにおいて、自分を整理整頓することで、キャリアアップに必要なこと不要なことをはっきりさせ、今やるべきこと、中長期的にやるべきことをキャリアプランに組み込んでいくと、より透明性のあるものになるでしょう。それらが漠然としている場合は、資格取得を目指すこともキャリアプラン形成の指標になります。資格を持っていなければならないのかといえば決してそうではないSEという職種ではあるが、資格取得によってキャリアアップを図ることで、自分のキャリアプランが形成しやすくなると言えます。多岐に渡る業務とその性質ゆえに、明確なキャリアプランを形成することもSEの重要な要素になるでしょう。

 

⇒SE求人募集サイト最新ランキングこちら!!