SEの転職は35歳が限界?

SEの転職は35歳が限界?就職情報で人気の求人募集専門サイト

SE(システムエンジニア)業界では35歳が転職や再就職の限界であるとよく言われています。しかし実際に求人内容をチェックしてみると35歳以上の方も問題なく募集がされています。最近ではいろいろなベンチャー企業がIT関係の事業を立ち上げています。そういった事業所では30代から40代の経験者を求めている場合も多く、知識のある管理者や役職者として募集している場合もあります。

 

もちろん35才にして初めてIT業界に就職する…ということは確かに難しいです。しかしある程度の経験を積んだ方であれば転職先で中間管理職として働くことも多いです。自身がSEとしての仕事を行うだけでなく、下に働く若い世代のSEを指導したりサポートすることも求められるようになります。ですから今の職場でひたすらプログラミングをしているという方や自分の知識を今の職場ではうまく活用することができないという方がアップのためにSE求人に応募することも多いです。

 

もちろんスキルアップだけでなく、あまりにも今の職場の環境が劣悪であるといった方や、給料は多くても自分の時間が一切持てないのは困るといった理由から転職を考える方もいます。一つの職場で長くとどまる事も大切ですが、もし少しでも今の職場に不満がある場合は早くから再就職先を考えておくのがベストではないでしょうか。35歳という年齢は限界ではありません、経験豊富な知識を生かせば新しいチャンスをつかむことができますよ。

 

⇒SE求人募集サイト最新ランキングこちら!!